下町データサイエンティストの日常

下町データサイエンティストの成果物

kaggle鳥コンペで63rd(silver)に入賞しました

f:id:pira_nino:20200925081115p:plain

はじめに

生存確認を込めて、ブログを更新しようと思います 汗 タイトルにあるように、kaggleのCornell Birdcall Identificationコンペ(通称:鳥コンペ)で63rd(silver)に入賞しました。
チームで反省会に登壇することになり、資料を作成しましたので記録がてらブログで紹介させて頂きます。

www.kaggle.com

connpass.com

解法

試行錯誤した内容について、反省会での登壇資料をご参照ください。

docs.google.com

音声データの知識0である自分&佐藤さんに、音声データについて基礎から諸々を叩き込んでくれた冨山さん増田さんには大変お世話になりました。。。

ちなみに、音楽分析のイベント繋がりで声を掛けさせて頂きました。
本イベントはブログ公開現在、聴講者の応募をしておりますので、よろしければご参加下さい。 muana.connpass.com

後語り

当初は勉強目的で参加し、銅メダルを取れればラッキーくらいに思っていましたが、結果的に銀メダルを取れて良かったです。
コンペを通して、音声データの扱いや関連手法を勉強出来たので、当初の目標は達成出来ました。
一方、色々な試行錯誤をしましたが、結局深層学習そのものがかなり賢く、音声データ特有の前処理などがあまりworkしなかったのはメンタル的にキツかったです。

本コンペで銀メダルを獲得しましたので、個人としては5枚目の銀メダルになります。ちゃんとデータを見て(validationを考えて)、discussionを追い、公開notebook + αのことをすれば銅 or 銀メダルくらいは取れるというのが分かってまいりました。
一方で金メダルの取り方はさっぱり分かりません。。。汗

私個人としては、kaggleはネットゲーム的な感覚ではなく勉強目的で参加しておりますので、masterを目指すといったことに縛られずに引き続き緩く参加していこうと思っております 汗

www.kaggle.com

勉強会の運営を譲渡した話

f:id:pira_nino:20200616215932p:plain

はじめに

こんにちは。nino_piraです。
(立て続けに分析の以外の話をブログに書いていることに関して当の本人は「うーん。。。」という気持ちですが)勉強会の運営の譲渡という珍しい話だと思いブログにします。

Music×Analytics Meetup企画まで

本記事の主人公は下記イベントです。 muana.connpass.com

企画発足まで

  • 私が熱狂的なB'zファンということもあり、音楽大好き人間(聞く専門)
  • 自分でB'zの歌詞の分析を行っており、「どこかしらで登壇したいなぁ」なんて思っていた
  • 自分以外にも「音楽×分析」に興味ある人は一定数いそうなことは容易に予想がついた

twitterで企画者を募り、萩元さんと共同運営

  • 勢いで運営を募集するツイート
  • 数名からの方からご連絡が来ましたが、一番最初にご連絡くださった萩元さんと企画を開始(なお当時面識なし)

イベント実施

  • 会場:萩元さんが所属のダイナミックプラスさんに会場代の補助を頂き会場を確保
  • 登壇者
  • 飲食代:聴講者から一定額頂いた。

一部資料は以下に公開されていますので、ご覧頂ければ幸いです。

muana.connpass.com

togetter.com

イベント終了後、運営譲渡を応募決定まで

数々の反省。何かと運営が大変。

  • とにかくお手伝いして下さった方 + ダイナミックプラスの方のご負担が大きかかった
    • 当日土砂降りであり、想定よりも参加者数が少なかった(予算の計算が難しかった)
    • 貸し会議室を利用したのですが、ちょっとイケテナイ部屋であり、音響等の準備が、、、
    • 土砂降りの関係で、準備した飲み物が大量に余る。。。
  • そんなこんなで、私は当日の発表はほとんど聞けなかった。。。

燃え尽き症候群

  • 私:イベント実現もしたし、運営頑張ったし、燃え尽き症候群
  • 萩元さん:会社の宣伝を毎回するのも、、、(私の意訳です)

とはいうものの、参加者から好評であり、完全廃止にすべきか悩む

  • 「音楽×データ分析 」とスコープを絞った結果、共通のバックグランドを持った人が集まったこともあり、特に懇親会の雰囲気は非常に良かった
  • 「次回企画していますか?」との声を多数頂いた
  • 私:「 完全廃止は、、、ぐぬぬ、、、」

運営を引き継いで下さる方をtwitterで公募

  • 第二回を自分達で企画するモチベもないので、運営を引き継いで下さる方を公募
  • 個人のモチベとしては、コミニティの引継ぎという試み自体にも興味があった
  • 結果的に数名の方からご連絡を頂き、現在の運営が発足

第二回企画まで

  • 運営の顔合わせなどを行い、無事に第二回を企画
  • コロナの影響もあり、オンラインイベントとなる
  • (一応私も運営のサポートとして参画)

現在第二回の参加者は絶賛募集中ですので、よろしければご確認ください。 個人的に新しいロゴがお洒落で好きです。

muana.connpass.com

イベント譲渡についてご参考になれば幸いです

私以外にも「イベントを立ち上げたものの継続のモチベが続かない」という方は一定数いらっしゃるのではと思います。
上記でも触れましたが、個人的にコミニティの引継ぎという試み自体にも興味があり、本件のように後継者を公募する施策を行ました。
(この業界特有の可能性もありますが)このような案件に関してご連絡を下さる方は、趣旨に強く賛同してくださっており、運営を引き継いで頂くに関して問題無い方である確率は非常に高いと思われます。
もし私と同じように、イベントの運営のモチベーションが困っている方がいらっしゃいましたら、「運営を譲渡する事例」があるということが少しでもご参考になれば幸いです。。。

最後に

運営を引き継いて下さった apiさんjohannyjm1さんTaro Masudaさんy__mattuさん主導の元、企画された第二回は現在も応募中ですので、ご興味がある方はご確認頂ければ幸いです。(本記事2回目の宣伝)

muana.connpass.com